★テヲレマ館★

星園すみれ子の手帖です☆  漫画・イラストのお知らせなど…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

寒中お見舞い申し上げます☆

2014年賀_convert_20140126113129


こんにちは!
twitterではちょこちょこ呟いたりしてるのですが、
ブログの方はずいぶんご無沙汰してしまいました…

早いもので、2014年の1月ももう後半ですねぇ。
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

ええと、上は今年の年賀イラストです。
なぜかメキシカン調になりました…(笑)
普通に馬の絵も何かなと思い、ちょっとひねって蹄鉄にしました〜
蹄鉄は魔除けやお守りに使われるので、縁起がいいかなと思いまして。


さて。 星園が今年新たに始めた事はといいますと、
10年日記です。
2001〜2010年まで10年日記をつけていた事があったので、
今回で第2弾になります。

以前つけていた時は、違う年の同じ日に偶然同じ事をしていた等
不思議なシンクロがあったりとか(まぁどうでもいい事なんですが…)、
読み返すとなかなか面白かったんですよね。

日記用に素敵なノートを見つけたので、せっせと書き込んでいるのですが
普段、手書きで文章を書く機会が本当に無くなってたので、
なんだか新鮮でいいなぁという感じです。
PC入力に慣れてしまったせいで、簡単な漢字でも
結構忘れてるのに気づいたり…怖いですねぇ…

それから、最近実感したのが、
以前より読書や映画を観る機会が少なくなったなぁという事。
ネットは簡単にたくさんの情報が入ってきてとても便利なのですが、
どうも自分の中に吸収されないで、上すべりしていくような感じがします。
今年はもっと、一つ一つの作品にじっくり向き合う時間をつくりたいですね〜

そんな訳で、ちょっと時代と逆行してる感じですけど(笑)、
今年はアナログ重視でいこうかと!

そして漫画…遅れに遅れてしまって申し訳ありません!
今年は描きます…!!
このところずっと普段の仕事がバタバタしていて
なかなか思うように進まなかったのですが、
今年はなんとか描く時間をひねり出していきたいと思います。

あまりにも遅いので、最近休日はやる事をリストアップして
取りかかるようにしてます。
できれば好きな短編の漫画化までいきたいですねぇ…

イラストも気楽な感じで描いてて楽しいので、
もっと量産したいです。
漫画やイラストのお仕事も、ご依頼お待ちしております!


いろいろと亀並みの星園ですが、精進していきたいと思います。
改めて、どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、素敵な一年になりますように…☆




スポンサーサイト
このページのトップへ

『海洋奇譚集』 ロベール・ド・ラ・クロワ

こんにちは!
またまた、ずいぶんご無沙汰してしまいました…
なんだか更新がマイペースすぎて申し訳ありません…

今年は本当にあっついですねえ…
星園はすでに少々バテ気味でして、冷却グッズを駆使して暑さをしのいでおります…
ハッカ油はクール感が強くて、いろいろ活用できるのでおすすめです!
皆様も体調にはお気をつけください〜


ところでこのブログ、携帯やスマートフォン用の背景(テンプレートというんですかね)を設定してなかったので、今頃なのですが設定いたしました。
携帯等からご覧になられる奇特な方、いらっしゃいましたら是非どうぞ☆
(これ、設定してないとどういう風に見えてたんだろう…。背景が真っ白になるのかな)


さて、話は変わりますが…

先日から本棚の大整理をはじめたのですが、それをきっかけに読書にどっぷりはまってしまいました。
処分する前にもう一度読もうかな、なんてやっているうちにエンドレス状態に…。(本の整理は中見ない、が鉄則ですねぇ…)
積ん読状態の本も結構あって、我ながら呆れ気味です。

最近は本を読む機会が少なくなっていたのですが、
久々に自分の中で読書ブームがやってきた感じです…

で、つい最近読み終わったお気に入りの本がこちら〜
ロベール・ド・ラ・クロワ著『海洋奇譚集』。
好きな作品で、何度目かの再読だったのですが、
やっぱり面白い!

作者は元船員という経歴のフランスのノンフィクション作家で、
実際にあった海難事件を取り上げた短編集です。
読んだ印象では、ノンフィクションというよりは物語風に脚色されている感じですね〜。
エラン・モーの消えた灯台守たちの話などは、作者の想像のみで語られてますし…(読みものとしては面白いですけど)

取り上げられているのは、事実とはとても思えないような奇跡的な出来事や、なんとも奇妙な事件の数々。
ですが、読んでいくうちに、海という非日常の世界ではありえるような気がしてくるから不思議です。
私は子どもの頃から「世界七不思議のなぞ」とか「なぞの古代文明」みたいな本が大好きだったので(笑)、こういう話を読むとわくわくしてしまいます。

「大洋は、非合理なもの、異常なもの、神秘的なものの支配する領域なのだ。」
これが、作者の描きたかった事なんでしょうね〜
独特の後味の残る作品集です。

私事ですが、以前からあたためている短編小説の漫画化案にも海の話がありまして…。海にまつわる神秘的な話って、妙に惹きつけられてしまうんですよね。なんでだろう…

怪奇幻想系や、奇妙な味の作品がお好きな方におすすめです☆
またもや絶版の作品なのですが…(すいません…)

この作家のほかの作品も読みたいのですが、
日本で出版されているのはこの1冊だけのようなので、残念です。





…こんなに面白い作品が絶版なんて、世の中不条理だ〜!と思う一方で、
単に自分の感性がマイナーなだけのような気もします……


このページのトップへ

もう5月ですねぇ☆

こんにちは!
このところツイッターがメインになってしまって、
こちらのブログは随分ご無沙汰してしまいました…。すみません…

もう5月ですねぇ。
あちこちで青々とした緑を見る事ができて、
この季節は大好きです。

先日、書類の整理をするうちに家中の大掃除に発展したのですが、
部屋がスッキリすると、なんだか気持ちも軽くなるような気がしました。
気分転換に掃除って、いいかもしれませんねー!


さてさて。
読み切りを二本描く!というのが今年の目標でしたが、
このままでは間に合わないぞ…と少々焦りはじめてきました。
ここはひとつ、気合いを入れてガシッと取りかかりたいと思います。

個人的な目標というか、いつか実現させたい夢として、
ポーやアンブローズ・ビアスなどの怪奇幻想系の作品の
漫画化があります。
いくつか脳内であたためている案があるのですが、
こちらは個人的にとても思い入れがあるものなので、
もう少し自分が納得できる作品が創れるようになったら
描きたいなぁと思っております。

それに近づくためには、まず目の前にある作品を完成させなければ…!
今月〜来月で、大幅に進めたいと思います。


話は変わりますが、最近よく聴いているのが
ピーター・ガブリエルの「Solsbury Hill」です♪





明るく浮遊感のある曲調で、大好きな曲です。
同じ主題の繰り返しが、音が重なるにつれて
高揚感を増していく様子がたまりません。
ときどき、無性に聴きたくなるんですよね〜

詞の中に鷹が出てきますが、この曲を聴いていると
鳥が飛んでいるイメージが思い浮かびます。

ああ、こんな丘の上に登ってみたい…(おっと、妄想がっ!笑)




このページのトップへ

「スイスの絵本作家 クライドルフの世界」展

こんにちは!
しばらくご無沙汰してしまいました…
相変わらず寒い日が続いてますねぇ。
昨日、素敵な展示へ行ってきたので、感想をダラダラと
書いてみようと思います〜


行ってきたのは、そごう美術館で開催されている
「スイスの絵本作家 クライドルフの世界」。
すごく良かったです!
時間をかけて、じっくり見てきました。

クライドルフは、100年ほど前のスイスの作家です。
画家への道を進んでいたのですが、姉の死に深く落ち込み
絵が描けなくなってしまい、アルプスのふもとで療養しながら
自然に触れているうちに、植物や妖精のファンタジーを膨らませて
絵本作家の才能を開花させたそうです。

擬人化された植物や妖精、小人たちがひたすら無邪気に遊ぶ世界を
やさしく淡い色遣いで描いていて、でも構図は意外に大胆だったりして、
いつまでも眺めていたくなるような魅力がありました。

擬人化された植物は、その植物に合わせた性格や衣装になっていたり
細部まで凝っていて、こういう細かい所まで遊び心を入れるのって
子どもの空想遊びに近いなぁ…と感じました。

個人的には特に、暗闇の中で踊る妖精達や流れ星の絵など、
夜の絵に惹かれました。
なんともいえない深い青の色合いが美しかったです。
絵本の絵以外にも、黒い紙に描かれた博物画のような植物のスケッチが
精緻で素晴らしかった!

印刷された絵本も沢山置いてあったけど、原画とはかなり色の感じが違ってましたよ。
原画を見られて良かったなぁ…(しみじみ)


最後に展示されていた、絵筆を止めてこちらをじっと見つめる自画像の
ビー玉のような瞳が印象的でした。


スイスの絵本作家 クライドルフの世界



このページのトップへ

寒中お見舞い申し上げます☆

2013年賀

こんにちは!
早いもので、2013年ももう2週間が経ちましたねぇ。
遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いいたします☆
(上は、今年の年賀状イラストです)

こちらのブログもご無沙汰してしまってすみません…
PCの調子が悪くて、しょっちゅう固まる状態になってしまったので、
しばらく寝かせておりました…

PCは再インストールでなんとか使えるようになったのですが、
先日、プリンターが完全に壊れてしまい、かなりトホホな気分の星園です。まだそんなに使ってなかったのになぁ…。

昔から、なんだか家電が壊れやすい気がするのですが、
妙な磁場でも発生してるんでしょうか(笑)



さて。新年という事で、気持ちも新たに目標を立ててみました♪

★漫画、読み切りを2本(可能なら3本)描く!
★同人誌をつくる。その後コミケやコミティアなどのイベント参加

今年こそ漫画が描きたいですね〜!
それから、自分にとってイラストは漫画と違って気軽な感じで
描いていて楽しいので、定期的に描き続けていきたいな〜と思ってます。
完成次第、このブログにアップしていきますね。

そして、こちらは個人的な生活面の目標なのですが・・・

★早寝早起きの習慣を身につける
★もう少し、マシな料理が作れるようになる・・・

って感じでしょうか。
ほかにも色々あるのですが、あんまり大風呂敷を広げると実現できそうにないので、この2点に絞ろうかと思います。

以上、相変わらずのズンド子ではありますが・・・
どうぞよろしくお願いいたします!!

皆様にとって、素敵な一年になりますように☆


このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

星園すみれ子

Author:星園すみれ子
細々と漫画や絵を描いてます。
5月25日生 B型 東京在住
所属:ズンドコ耽美★

初単行本『創世記』(青林工藝舎)
発売中です!

漫画、イラストのお仕事、
熱烈募集中です!
なんでも描きます。
仕事のご依頼、感想等はこちらへ↓

hoshizono88@gmail.com

  【好きなものあれこれ】
【絵画】
魔術的芸術とか、妄想系など★
ヘンリー・ダーガー、モンス・デジデリオ、伊藤若沖、ラ・トゥール、ヒエロニムス・ボス、ジョン・マーティン、ファン・エイク
 自分の中では、長谷川等伯の『松林図屏風』を超える作品は無いと思ってます。

【漫画】
山岸凉子、花輪和一、徳南晴一郎、ジム・ウードリング、アート・スピーゲルマンの『マウス』

【映像】
『アマデウス』『ピクニックatハンギングロック』、後期フェリーニ(『8 1/2』『サテリコン』)
ブラザーズ・クエイ、シュヴァンクマイエルなどのアニメーション。ミュージカル映画はほぼ何でも楽しめます♪

【写真】
アウグスト・ザンダー、土門拳の仏像、アンセル・アダムスの山岳風景など

【小説】
怪奇幻想系とか、いわゆる「奇妙な味」の作家。短編好きです。
原点としてはルイス・キャロルのアリス(特に鏡の国)と、J・H・ブレナン
ポー、アンブローズ・ビアス、ラヴクラフト、安部公房、夢野久作、澁澤龍彦

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介など (2)
お知らせ (22)
たわごと (7)

単行本など

いちおう「バロックな少女趣味・暗黒メルヘン」がテーマでした★

アックス50号では特集を組んでいただきました。 恥ずかしいインタビューも読めます…(笑)

単行本収録以外の漫画

『トカゲ』2、4、8号に、シュールな復讐譚「ハンムラビ」1~3話が 掲載されています(全3話もの)

イラスト

中村うさぎさんのエッセイの表紙と本文イラストを描かせていただきました。エスプリの効いた文章が面白いです!

星園すみれ子Twitter

リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。