★テヲレマ館★

星園すみれ子の手帖です☆  漫画・イラストのお知らせなど…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

バルトーク『青ひげ公の城』

こんにちは。
前回のブログでお知らせした、ビリケンギャラリーの「大アックス祭」、
ただいま開催中です!
会期は11/4(日)までですので、是非お越しくださいね〜!

今回出品した絵ですが、おかげさまで早速売れたとの事で
ありがとうございます♪
拙いなりに時間と愛をこめて描いた物なので、
現物をご覧になっていただけたら幸いです。

★ビリケンギャラリーHP


さて、この絵の題材であるバルトークの『青ひげ公の城』について、
ダラ〜リとたわごとを語らせていただきたいと思います…

以前のブログでも書きましたが、初めてこのオペラを聴いたのは5年ほど前の事です。作品のテーマが、当時自分が考えていた漫画の案と相通ずる部分があるような感じがして、バチッと惹き付けられてしまいました。
まあ勝手な思い入れなんですけども…

登場人物は、青ひげ公とその妻ユディットの二人のみ。
内容もこの二人の対話のみで構成されています。
オペラというよりは対話劇といった印象です。

会話だけですから特になにかが起こる訳ではないのですが、表面的には何も起こらなくても、内面の感情のやり取りが凄まじい。
ドロドロです(笑)。
話している内容も抽象的なので、いろんな解釈ができると思います。
バルトークの音楽も心情の変化を表すように色彩豊かで、民族的な旋律もあって不思議な印象。
聴くほどにおもしろいな〜と感じる作品です。

いろんな指揮者や歌手の物を聴き比べましたが、
私がいち押しなのがこちら!↓

バルトーク:青ひげ公の城バルトーク:青ひげ公の城
(2000/01/26)
フィッシャー=ディースカウ(デートリッヒ)、テッパー(ヘルタ) 他

商品詳細を見る

個人的には、このフリッチャイ盤は今まで聴いた演奏の中で飛び抜けて素晴らしいように思います。
なんといっても青ひげとユディットの表現が素晴らしいです。青ひげの複雑で矛盾した人格や、少女と大人の女性が共存しているようなユディットの造形がぴったりと嵌っていて。

この作品がお好きな方には、ぜひ聴いていただきたい演奏なのですが、長らく廃盤?のようです…
中古でもずっと高値がついている状態で、私が数年前に某オークションで入手した時も結構なお値段でした…(って、ホントどうでもいいですね)


もう一つのおすすめは、ブーレーズの新しいバージョンです。
私が最初に「青ひげ〜」を聴いたのは、こちらのCDでした↓

バルトーク:歌劇〈青ひげ公の城〉バルトーク:歌劇〈青ひげ公の城〉
(2002/09/25)
ブーレーズ(ピエール)、ポルガール(ラースロー) 他

商品詳細を見る

理知的で聴きやすい感じの演奏で、こちらも素晴らしいのですが、個人的にはちょっとユディットが強すぎるかな〜…という印象です。
とても強く堂々としたユディットで、あまり少女らしさは無い感じでしょうか。
第五の扉の場面とか、演奏はフリッチャイ盤よりもいいなぁと感じる部分も多々あるんですけども…

…って、なんだか挙げてるのが品切れの物ばかりで全然オススメになってないですね…。ごめんなさい!
二枚とも本当に素晴らしいので、再販されるといいんですけど…

ちなみに、その時考えていた漫画案というのは、暗〜い恋愛ものです(笑)。
まだ脳内のネタ倉庫に保管してますので、そのうちかたちにできたらと思ってます★


スポンサーサイト
このページのトップへ

トラックバック

トラックバック URL
http://hoshizono.blog76.fc2.com/tb.php/30-7dd29bd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

星園すみれ子

Author:星園すみれ子
細々と漫画や絵を描いてます。
5月25日生 B型 東京在住
所属:ズンドコ耽美★

初単行本『創世記』(青林工藝舎)
発売中です!

漫画、イラストのお仕事、
熱烈募集中です!
なんでも描きます。
仕事のご依頼、感想等はこちらへ↓

hoshizono88@gmail.com

  【好きなものあれこれ】
【絵画】
魔術的芸術とか、妄想系など★
ヘンリー・ダーガー、モンス・デジデリオ、伊藤若沖、ラ・トゥール、ヒエロニムス・ボス、ジョン・マーティン、ファン・エイク
 自分の中では、長谷川等伯の『松林図屏風』を超える作品は無いと思ってます。

【漫画】
山岸凉子、花輪和一、徳南晴一郎、ジム・ウードリング、アート・スピーゲルマンの『マウス』

【映像】
『アマデウス』『ピクニックatハンギングロック』、後期フェリーニ(『8 1/2』『サテリコン』)
ブラザーズ・クエイ、シュヴァンクマイエルなどのアニメーション。ミュージカル映画はほぼ何でも楽しめます♪

【写真】
アウグスト・ザンダー、土門拳の仏像、アンセル・アダムスの山岳風景など

【小説】
怪奇幻想系とか、いわゆる「奇妙な味」の作家。短編好きです。
原点としてはルイス・キャロルのアリス(特に鏡の国)と、J・H・ブレナン
ポー、アンブローズ・ビアス、ラヴクラフト、安部公房、夢野久作、澁澤龍彦

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

自己紹介など (2)
お知らせ (22)
たわごと (7)

単行本など

いちおう「バロックな少女趣味・暗黒メルヘン」がテーマでした★

アックス50号では特集を組んでいただきました。 恥ずかしいインタビューも読めます…(笑)

単行本収録以外の漫画

『トカゲ』2、4、8号に、シュールな復讐譚「ハンムラビ」1~3話が 掲載されています(全3話もの)

イラスト

中村うさぎさんのエッセイの表紙と本文イラストを描かせていただきました。エスプリの効いた文章が面白いです!

星園すみれ子Twitter

リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。